本文へスキップ

「しぜんみち」は、鉢による野菜の自然応用栽培を提案します

TEL. 079-227-8756

〒679-2101 兵庫県姫路市船津町4126−1

栽培方法Cultivation Method

栽培方法は、日の当たる空きスペースで出来る
『循環型自然応用栽培』です。
少し補助するだけで、自然と同じ循環型栽培が出来ます!
土の処分に困ったり、新たに土を購入する必要が有りません。
『土は全量再生・栽培残渣全量再生』

栽培場所は

日の当たる空スペースがあれば、栽培出来ます。
軒下野菜栽培設置スペース例 ベランダ野菜栽培設置スペース例

これだけで出来る循環型栽培!

下の写真は、鉢容量15L×2鉢 循環栽培の設置例です。
これだけで出来る循環型栽培設置例

栽培スペース
写真スペースで、栽培ゴミゼロの循環型栽培可能!
必要な道具
後、園芸用の手工具があればOK!
栽培の流れ
栽培終了で、@天日乾燥の容器へ、A自然養生の土が次の栽培へとローテーション!

A)自然応用栽培とは

自然の力を利用した、鉢による循環型栽培。
自然の力を応用した栽培である為、『自然応用栽培』としました。


栽培ゴミゼロ・人口エネルギー消費ゼロの、自然応用栽培フロー。

栽培ゴミ排出ゼロ
収穫物以外、根・葉・茎 は、自然の力で全て元の土へ戻します。
燃料・電気消費ゼロ
農機不要、手工具による少しの補助だけ。
多くの人が栽培実施すれば、大きな『環境負荷低減』になります。

B)自然自動給水とは

自然の原理を利用した、オリジナル遠隔給水式の鉢を使った自動給水。
野菜が消費した分、外部タンクより給水されます。

自然自動給水フロー図


水やりの手間解消
野菜栽培で難しい水やり作業の手間を解消しました。
突然の留守でも安心
給水タンク持続日数分、水やり不要!時間的な制約も無く、空いた時間でOK!
自然給水
外部タンク水位レベルより自然の原理でバランスし、消費した分自然給水。   
土水分一定
水やりは、給水タンクの補給だけで、水やりしても土水分は変動しません。
土水分調整可能
鉢毎に、レベル調整板の足し引きによる鉢水位レベルの上下で土水分調整可能。

メリット

  • 農地が無くても、自然の野菜栽培が楽しめます。
  • 面倒な草引き作業が殆ど有りません。
  • 化石燃料消費ゼロ・栽培ゴミ排出ゼロ。環境に優しい栽培です。
  • 再生する事で肥料の使用料を減らす事が出来、土も新たに購入する必要が無くなる為、少ないランニングコストで栽培が出来ます。
  • 栽培を楽しみ、そして収穫した「新鮮で安全な野菜」を食べる事により、心身共々健康的です。

デメリット

  • 多くの野菜が栽培出来ますが、土容量を必要とする野菜には向きません!
  • 何時でも野菜が入手出来る訳ではありません!

  「栽培出来る野菜で、食べたい野菜を一部自給する」
という考えが一番合っています。

バナースペース

しぜんみち

〒679-2101
兵庫県姫路市船津町4126−1

TEL 079-227-8756
FAX 079-227-8756

しぜんみち(軒下野菜栽培)  |  Facebookページも宣伝





栽培工程で
≪人口エネルギー不要!≫

電気・化石燃料の人口エネルギー不要

≪栽培ゴミ排出ゼロ!≫
根・葉・茎 ゴミとして排出しません!
栽培ゴミの焼却不要
栽培に使った土は捨てません!
栽培した土の処分不要
ここまで、土の再生〜栽培終了迄
≪栽培工程で環境負荷ゼロ!≫

自宅空きスペースで野菜栽培
設置前
自宅空きスペース活用前

設置後
自宅空きスペース野菜栽培で活用後
野菜による緑化

結果
栽培により 環境負荷ゼロで
野菜による緑化プラスなので

空スペースが野菜の緑化により
CO2 を吸収した事になる為

≪栽培工程で マイナスCO2です!≫

市販の購入野菜は、手元に届くまでに
何がしかの環境負荷がかかっています。
農機・搬送・包装 etc

環境負荷 農機・搬送他

生産元が無農薬栽培で無い場合
何らかの農薬・保存剤等が使われ
ている可能性が高いと思います!

自分で栽培だから、自分の責任の基で
確実な無農薬栽培が出来ます!


≪空スペースでも小さな自然!≫

鉢の限られた土でも、循環栽培可能!
栽培した残渣は微生物により分解され
微生物豊富な土へ戻ります。

少し補助するだけで小さな自然が生まれます!